バンコク

【MRT延伸でアクセスが簡単に】バンコクの中華街(チャイナタウン)に行って来た

2019年9月末より正式運行が始まったMRTの延伸により、バンコクの中華街へのアクセスがとても簡単になりました。



今回は新しく開通したMRTの駅から中華街へ行ってみたときの様子を簡単に紹介します。



スポンサーリンク


MRTブルーラインの延伸

2019年9月末より、MRTブルーラインの延伸部分の正式運行がスタートしました。



今回延伸したのは、ホアランポーン駅から先の以下11駅です。


  • ワットマンコン駅
  • サムヨード駅
  • サナームチャイ駅
  • イサラパープ駅
  • タープラ駅
  • バンパイ駅
  • バーンワー駅
  • ペチャカセム48駅
  • パーシーチャルン駅
  • バーンケー駅
  • ラックソーン駅

参考 バンコク・メトロ―Wikipedia



下記、MRTを運営するBEMのサイトより、最新の路線図の確認やダウンロードができます。




参考 https://metro.bemplc.co.th/MRT-System-Map?lang=en



今回のこの延伸で中華街へのアクセスがこれまでより格段に楽になりました。


中華街への行き方

バンコク 中華街 チャイナタウン ヤワラー



これまで中華街へ行く場合は、MRTの終点であったホアランポーン駅まで行きそこからトゥクトゥクに乗ったり歩いて15分くらいかけて中華街まで行っていました。



ホアランポーン駅からのアクセスがけっこう面倒だったので、たまに行きたいなと思うことがあってもなかなか足が向きませんでした。



それが今回のMRTの延伸により地下鉄1本で行けるようになりました。



中華街の最寄り駅はワットマンコン駅(Wat Mangkon Station)になります。



ワットマンコン駅 Wat Mangkon バンコク MRT 延伸



今回のMRT延伸前の終点であったホアランポーン駅(Hua Lamphong Station)のひとつ先なので分かりやすいです。



ワットマンコン駅 Wat Mangkon バンコク MRT 延伸



駅名となっているワットマンコン(龍蓮寺)は、厄除けで有名な中国仏教のお寺です。



MRTワットマンコン駅

こちらが新しく出来たばかりのワットマンコン駅の構内です。



ワットマンコン駅 Wat Mangkon バンコク MRT 延伸



MRT構内もチャイナタウンっぽい雰囲気です。



ワットマンコン駅 Wat Mangkon バンコク MRT 延伸



まだできたばかりということでみんなたくさん写真を撮っていました。



ワットマンコン駅 Wat Mangkon バンコク MRT 延伸



チャイナタウンへの出口は一応2番出口となっていますが、各出口がそれほど離れているわけでもないのでどこから出ても大丈夫な感じでした。



ワットマンコン駅 Wat Mangkon バンコク MRT 延伸


スポンサーリンク


ひさしぶりの中華街

以下、ワットマンコン駅周辺の地図です。




参考 https://metro.bemplc.co.th/Line-Maps?Line=1&Station=29



中華街は上記地図の下部分の辺り一帯で、ヤワラート通り(Yaowarat Rd.)にお店や人が集まっています。



今回は3番出口から出てぶらぶら歩いてみることにしました。



3番出口を出てすぐ目の前には2番出口があります。



バンコク 中華街 チャイナタウン ヤワラー



3番出口を出て右方向には駅名となっているワットマンコンがあります。



バンコク 中華街 チャイナタウン ワットマンコン



3番出口を出て左方向に向かって歩いて行くとさっそくフカヒレのお店がありました。



バンコク 中華街 チャイナタウン ヤワラー



そのまま2番出口と3番出口を挟んであるチャルーン・クルン通り(Charoen Krung Rd.)を渡って、ヤワラート通り(Yaowarat Rd.)を目指します。



ヤワラート通りに出ると、金行という看板がたくさん目に飛び込んできます。



一気に活気が増す感じです。



バンコク 中華街 チャイナタウン ヤワラー



この通りには有名な和成豊(フアセンホン/Hua Seng Hong)もあります。



バンコク 中華街 チャイナタウン ヤワラー



早くからたくさんの人だかりができているお店も。



バンコク 中華街 チャイナタウン ヤワラー



中華街独特の活気と賑わいはいつ来ても変わりません。



バンコク 中華街 チャイナタウン ヤワラー



今回とりわけ目に付いたのは大きなカメラを持ったタイ人観光客の姿です。



おそらくMRTの延伸に合わせて遊びに来たのでしょうね。



また外国人観光客も心なしか以前よりも多く見られたような気がします。


おわりに

バンコク 中華街 チャイナタウン ヤワラー



以上、今回は、MRTの延伸でアクセスが簡単になった中華街への行き方や街の様子の紹介でした。



バンコクの中華街はアクセスがよくなったことでこれからますます賑わいを見せそうな気がします。


スポンサーリンク


旅行前に読んでおきたい記事

1

この記事では空港ラウンジを利用する方法について以下のことをひとつずつ解説しています。 空港ラウンジを利用するにはプライオ ...

2

今回は、海外プリペイドカードのマネーティーグローバル(MoneyT Global)について紹介します。 マネーティーグロ ...

3

今回は、タイ・バンコクのスワンナプーム空港でファーストトラックサービス(優先入出国サービス、プレミアムレーン)をはじめて ...

4

今回は、予約していた海外航空券のフライトが遅延・欠航(キャンセル)になった場合の対応方法について紹介します。

5

今回は、タイ・パタヤの病院で海外旅行保険を使ってキャッシュレス診療を実際に受けた時の流れを紹介します。 つまるところ保険 ...

-バンコク
-

Copyright© THAILAND FOR YOU , 2020 All Rights Reserved.