映画

タイドラマ『Bad Genius The Series』の感想※映画版との違いは?

Bad Genius The Series タイドラマ

今回は、『Bad Genius The Series』(2020年)というドラマについて紹介します。

大ヒットを記録した映画『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』(2017年)のドラマ化作品です。

『Bad Genius The Series』が見れるのはU-NEXT!

Bad Genius The Series タイドラマ

『Bad Genius The Series』はU-NEXTで視聴可能です。U-NEXTでは31日間の無料トライアル期間があります。期間内に解約すれば料金は発生しません。

U-NEXTの31日間無料トライアルはこちら

Bad Genius The Seriesの作品情報

タイトル Bad Genius The Series
公開 2020年
監督 パット・ブーニティパット
作品紹介 大ヒットを記録した映画『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』(2017年)をドラマ化。

Bad Genius The Seriesの動画配信情報

Amazon Prime Video
×
Hulu
×
Netflix
×
TSUTAYA TV
×
U-NEXT おすすめ

(※配信情報は2022年1月時点のものです。)

上記の代表的な動画配信サービスで『Bad Genius The Series』が見放題対象で見られるのU-NEXTだけでした。

U-NEXTは月額料金2,189円(税込)の動画見放題サービスです。U-NEXTでは31日間の無料トライアル期間があります。見放題の対象作品であればどれだけ見ても期間内に解約すれば料金は発生しません。『Bad Genius The Series』も見放題の対象作品です。

\登録1分/

U-NEXTの31日間無料トライアルはこちら

※いつでも解約可能。31日間以内の解約で料金は発生しません。

Bad Genius The Seriesの登場人物(キャスト)

リン(ジュネ・プルーンピチャヤー・コマラーラチュン) 国内有数の進学校に奨学生として入学することになった少女。
バンク(ジャオナ・ジンジェット・ワタナシン) リンの同級生で奨学金を受け取っている奨学生の少年。母親がクリーニング屋を営む。
グレース(ナナ・サワーニャ・パイサルンパヤク) リンの同級生の親友。親は印刷工場を営む。
パット(アイス・パリス・イントラコーマースット) リンの同級生。グレースの恋人。親はホテルを経営する。

Bad Genius The Seriesのストーリー(あらすじ)

英語スクラブル大会で見事優勝し奨学金を得て国内有数の進学校へ転校することになったリン。

ある日、リンは学校で友達になったグレースのために、カンニングの手助けをする。

そのことを知ったグレースの恋人パットは、リンに報酬と引き換えにカンニングの手助けを依頼する…。

Bad Genius The Seriesの見どころ・感想

ここからは少しネタバレになります。

映画版との違いは?

進学校に転入することになった主人公のリンが、学校の同級生たちと共にカンニングビジネスに手を染めていくというストーリーは映画版とドラマ版共通です。

また、リン、バンク、グレース、パットといった主要な登場人物たちもそのまま同じ名前で登場していますが、映画版とは微妙に異なる点もあるので簡単に紹介します。

より豊かに描かれる人間模様

ドラマ版では映画版ではあまり見られなかったリンとバンク、グレースとパットの恋愛模様や、それぞれの親との関係など人間模様がより豊かに描かれています。ドラマ版ではリンの母親も登場します。

また、社会の不正がテーマということもあり、登場人物のほとんどが何かしら悪いことをしているという設定は映画版以上です。表向きはニコニコしながら裏ではけっこうエグイことをしているというタイ人の腹黒さが描かれていて面白いです(別にタイ人に限ったことではないですが)。

序盤、そうした描かれ方の典型的存在であった八方美人のグレースが修羅場を迎えるシーンは見物です(笑)。

映画版とは違うカンニング方法

映画版ではピアノの指の動きを使ったカンニングや時差を利用したカンニングの方法などが登場しました。

ドラマ版では同じ方法も登場しますが、学校の試験での壁掛け時計の秒針を利用したカンニングや、教室のスピーカーを利用したカンニングなど映画版では見られなかった方法も登場します。

また、オーストラリアでのSTICの試験では、映画版にはなかったトラブルもあり微妙に変わっている点もあります。

終盤からラストはドラマオリジナル

STICの試験でカンニングがバレてバンクが捕まるというところまでは映画版とだいたい同じストーリーの展開ですが、その後は少しドラマオリジナルの展開になっています。

学校を退学になったバンクの発案で、GAT(試験)の問題用紙を印刷工場に潜入して盗むという壮大な計画とその後の顛末が描かれます。工場への潜入シーンはドラマのクライマックスでなかなかスリリングです。

そして最終話では不正が横行する社会の中で生きるという点が強調されていて、終わり方はだいぶドラマっぽい感じになっています。

おわりに

以上、今回は、『Bad Genius The Series』というタイドラマについての紹介でした。

映画版と比べて、ドラマ要素をより多く盛り込みながらも、カンニングを通したハラハラドキドキのサスペンス要素はそのまま楽しめる作品になっていました。

ドラマとして普通に面白かったです。

『Bad Genius The Series』が見れるのはU-NEXT!

Bad Genius The Series タイドラマ

『Bad Genius The Series』はU-NEXTで視聴可能です。U-NEXTでは31日間の無料トライアル期間があります。期間内に解約すれば料金は発生しません。

U-NEXTの31日間無料トライアルはこちら

旅行前に読んでおきたい記事

1

この記事では空港ラウンジを利用する方法について以下のことをひとつずつ解説しています。 空港ラウンジを利用するにはプライオ ...

2

今回は、海外プリペイドカードのマネーティーグローバル(MoneyT Global)について紹介します。 マネーティーグロ ...

3

今回は、タイ・バンコクのスワンナプーム空港でファーストトラックサービス(優先入出国サービス、プレミアムレーン)をはじめて ...

4

今回は、予約していた海外航空券のフライトが遅延・欠航(キャンセル)になった場合の対応方法について紹介します。

5

今回は、タイ・パタヤの病院で海外旅行保険を使ってキャッシュレス診療を実際に受けた時の流れを紹介します。 つまるところ保険 ...

-映画