コンケン

コンケンのナイトマーケット情報|複数ある場所や市場の雰囲気を紹介

今回は、コンケンのナイトマーケット情報について紹介します。



複数あるナイトマーケットの場所や実際に訪れてみた市場の様子を紹介します。



スポンサーリンク


コンケンのナイトマーケットの場所はどこ?

コンケンのナイトマーケットは、いくつかの場所に点在していますが、市内中心部にあって行きやすく比較的賑わっているのが下記地図のナイトマーケットだと思います。







このナイトマーケットがある場所は、ナー・ムアン通り(Na Mueang Rd.)クラーン・ムアン通り(Glang Muang Rd.)に挟まれたルエン・ロム通り(Ruen Rom Rd.)で、この一帯が歩行者天国のような感じでナイトマーケットになっています。



ナー・ムアン通り(Na Mueang Rd.)ルエン・ロム通り(Ruen Rom Rd.)の交差点の一角にセブンイレブンがあり、その横がナイトマーケットの入り口です。



コンケン ナイトマーケット



夜になると人が大勢いるのですぐに分かると思いますが、このセブンイレブンを目印にすればよいと思います。



このナイトマーケットの場所は街中になるのでアクセスは簡単だと思います。下記滞在していたプルマンホテルからだと歩いて約10~12分くらいでした。






コンケンにあるそのほかのナイトマーケットについてはこの記事の一番下で紹介しています。


ナイトマーケットの様子を紹介

それでは、実際にナイトマーケットを訪れた時の様子を紹介したいと思います。



こちらが、ナー・ムアン通り(Na Mueang Rd.)側の入り口です。



コンケン ナイトマーケット



先ほど紹介したように入り口の横にセブンイレブンがあります。



コンケン ナイトマーケット



道の両脇に所狭しとお店が並んでいます。



コンケン ナイトマーケット



このような感じでナー・ムアン通り(Na Mueang Rd.)からクラーン・ムアン通り(Glang Muang Rd.)までお店が続きます。



コンケン ナイトマーケット



コンケンは大学の街ということもあり、若者の姿が多く若者向けのお店が多い?



コンケン ナイトマーケット





スポンサーリンク



外国人の姿は見かけませんでしたが地元の人たちでまあまあ賑わっています。



コンケン ナイトマーケット



屋台がたくさんありました。テーブル席も多く用意されており食事をするのにはよさそうです。



コンケン ナイトマーケット



クラーン・ムアン通り(Glang Muang Rd.)側のほうは服屋とかが多い印象です。



コンケン ナイトマーケット



若者向けの服屋。



コンケン ナイトマーケット



売っていたパーカー。



コンケン ナイトマーケット



値段はどこも安そうでした。



ここのナイトマーケットの特徴は次のような感じです。



このナイトマーケットの特徴

・観光客を相手にしたナイトマーケットではない。
・規模は小さめ。
・食事をする屋台が多め。




地元の人たちが日常的によく利用するナイトマーケットといったところだと思います。



コンケンはそもそもチェンマイやチェンライのように観光客がたくさん来るような街ではないですからね。


コンケンのその他のナイトマーケット

最後に、コンケンにあるその他のナイトマーケットとして、ルアムチット・ナイトマーケットとトンターン・マーケットについて紹介します。


ルアムチット・ナイトマーケット(Ruamjit Night Market)

ルアムチット・ナイトマーケット(Ruamjit Night Market)は、プー・インホテル(Phu Inn Hotel)の隣の屋台街です。



場所は以下の地図の通りです。







上記で紹介しているナイトマーケットの北に位置し距離的には徒歩圏内です。下記トゥックコムのあるシーチャン通り(Sri Chan Rd.)沿いを東方面に少しいったところで、市内中心にあるのでアクセスは便利だと思います。






ここはフードコートみたいに屋台がたくさん集まっていて、買い物を楽しむというよりは食事をするための場所のようです。


トンターン・マーケット(Ton Tann Market)

トンターン・マーケット(Ton Tann Market)は、東京ドームの約1.3倍あるという面積のナイトマーケット及び複合商業施設です。



場所は以下の地図の通りです。







トンターン・マーケットは、下記セントラルプラザ・コンケンがあるミットラパープ通り(Mittraphap Rd.)沿いを南に下って行った先のビッグCコンケンやノースイースタン大学(Northeastern technological college)近くにあります。






行き方は少し中心部から離れたところにあるのでタクシーなどでの移動が必要です。かなり規模の大きなナイトマーケットなので時間をかけてゆっくり回ることができそうです。



下記サイトにおいて、写真でナイトマーケットの雰囲気が紹介されています。


トンターン・マーケット





以上、今回はコンケンのナイトマーケット情報の紹介でした。


スポンサーリンク


旅行前に読んでおきたい記事

1

この記事では空港ラウンジを利用する方法について以下のことをひとつずつ解説しています。 空港ラウンジを利用するにはプライオ ...

2

今回は、海外プリペイドカードのマネーティーグローバル(MoneyT Global)について紹介します。 マネーティーグロ ...

3

今回は、タイ・バンコクのスワンナプーム空港でファーストトラックサービス(優先入出国サービス、プレミアムレーン)をはじめて ...

4

今回は、予約していた海外航空券のフライトが遅延・欠航(キャンセル)になった場合の対応方法について紹介します。

5

今回は、タイ・パタヤの病院で海外旅行保険を使ってキャッシュレス診療を実際に受けた時の流れを紹介します。 つまるところ保険 ...

-コンケン
-,

Copyright© THAILAND FOR YOU , 2020 All Rights Reserved.