ウボンラチャタニ

ウボンラチャタニのライトーンホテル宿泊記|コスパの高い地元の老舗ホテル

今回は、タイ・ウボンラチャタニのライトーンホテル(Laithong Hotel)について紹介します。



地元の老舗ホテルでコストパフォーマンスはなかなか高いです。



ライトーンホテル

  • 地元の老舗ホテル。
  • 朝食は種類が多く豪華。
  • 1泊3,500円前後(朝食・空港送迎込み)。

ライトーンホテル宿泊レビュー

それではレビューに入ります。


ホテル内の様子

こちらがホテルの外観になります。



ライトーンホテル ウボンラチャタニ



以下の写真、左側がレセプションになります。



ライトーンホテル ウボンラチャタニ



フロントのすぐ近くにはバーもありました。朝食会場となるレストランはこことは別にあります。



ライトーンホテル ウボンラチャタニ



客室前の廊下はこんな感じです。



ライトーンホテル ウボンラチャタニ


部屋の様子

こちらが今回泊まった部屋になります。



ライトーンホテル ウボンラチャタニ



カーペット敷きの部屋は少し高級感があります。



大きな窓があるため日当たりもよくなかなか開放的でした。



ライトーンホテル ウボンラチャタニ



6階の部屋からの眺めです。特別何かランドマーク的なものが見えるわけではありませんが眺めはいいです。



ライトーンホテル ウボンラチャタニ



ドアの方を向いて撮った写真です。



ライトーンホテル ウボンラチャタニ



ベッドの正面にはデスクとテレビ、冷蔵庫などが設置。



ライトーンホテル ウボンラチャタニ



冷蔵庫の中は有料のミニバー。



ライトーンホテル ウボンラチャタニ



冷蔵庫横の引き出しの中にも有料のお菓子などが入っていました。



ライトーンホテル ウボンラチャタニ



無料の水のペットボトルは2本あります。



ライトーンホテル ウボンラチャタニ



クローゼットの中です。



ライトーンホテル ウボンラチャタニ



部屋のドアは木製で少し古さを感じます。ドアは二重ロックでDO NOT DISTURBの札もあります。



ライトーンホテル ウボンラチャタニ



ルームキーはシリンダータイプで部屋の電気は挿し込んで通電させます。



ライトーンホテル ウボンラチャタニ



また部屋の電気はベッドの横のスイッチでもコントロール可能です。



ライトーンホテル ウボンラチャタニ



続いてバスルームです。バスタブ付きのバスルームは多少ゆったりとした広さで意外に綺麗に保たれていました。



ライトーンホテル ウボンラチャタニ



洗面台も大きく窮屈な感じはしません。



ライトーンホテル ウボンラチャタニ



アメニティは石鹸やシャワーキャップなど。



ライトーンホテル ウボンラチャタニ



シャンプーとボディソープについては備え付けであります。


朝食の様子

こちらが朝食会場になります(6:00~10:00)。



ライトーンホテル 朝食 ウボンラチャタニ



ビュッフェ形式の朝食は料理の種類も豊富でなかなか豪華でした。



ライトーンホテル 朝食 ウボンラチャタニ



タイ料理を中心に料理の数は多いです。



ライトーンホテル 朝食 ウボンラチャタニ

ライトーンホテル 朝食 ウボンラチャタニ

ライトーンホテル 朝食 ウボンラチャタニ

ライトーンホテル 朝食 ウボンラチャタニ

ライトーンホテル 朝食 ウボンラチャタニ


サラパオ。



ライトーンホテル 朝食 ウボンラチャタニ



ソーセージ。



ライトーンホテル 朝食 ウボンラチャタニ



サラダ。



ライトーンホテル 朝食 ウボンラチャタニ



白飯。



ライトーンホテル 朝食 ウボンラチャタニ



パン。



ライトーンホテル 朝食 ウボンラチャタニ



お粥。



ライトーンホテル 朝食 ウボンラチャタニ



フルーツ。



ライトーンホテル 朝食 ウボンラチャタニ



オレンジジュースと水。



ライトーンホテル 朝食 ウボンラチャタニ



ここのレストランの朝食ビュッフェは199Bで利用できるようで同じ料金でランチビュッフェもあるようです。けっこうお得なのではないでしょうか。



ライトーンホテル 朝食 ウボンラチャタニ


総評

ホテルの印象は地方都市に行くとよくある大型ホテルといった感じです。



個人的にはこういう雰囲気はけっこう好きです。ホテル内に無駄にお土産ショップがあったりするところなどですね(笑)。



ライトーンホテル ウボンラチャタニ



ホテル内にはレストラン、バーもあるほか部屋でマッサージを受けることもできたりと設備はまずまずです。



ライトーンホテル ウボンラチャタニ



部屋の設備は必要十分で少し老朽化が見え始めてはいるものの清潔に保たれています。



ホテルのスタッフも対応はよく、入り口にいるベルボーイに頼めばタクシーを呼んでくれたりとちゃんとホテルとしてしっかり機能しています。



これで1泊3,500円前後(朝食込み)という料金は十分に納得のいくものでした。



コストパフォーマンスはなかなか高いです。


ライトーンホテル

  • 地元の老舗ホテル。
  • 朝食は種類が多く豪華。
  • 1泊3,500円前後(朝食・空港送迎込み)。

ロケーション情報

ライトーンホテルの場所は以下の地図の通りです。







ホテルがあるのはPhichitrangsan Rd.です。そこまで賑やかな通りというわけではないですがカフェや飲食店が点在しています。



Phichitrangsan Rd. ウボンラチャタニ



ただ、コンビニはありません。コンビニはホテル裏の病院がある方にテスコエクスプレスやセブンイレブンがありました。


ホテル周辺情報

ホテルから歩いて数分の場所に99クワイチャップというベトナム麺の有名な食堂があります。



9クワイチャップ ウボンラチャタニ



ウボンウェート・タイ・マッサージ(Ubonvej Thai Massage)という一軒家のマッサージ店もそのすぐ近くです。



ウボンウェート・タイ・マッサージ Ubonvej Thai Massage ウボンラチャタニ



ウボンの街のシンボルであるトゥン・シー・ムアン(Thung Sri Muang)のある公園まではホテルから徒歩で約20分程度です。



トゥン・シー・ムアン Thung Sri Muang ウボンラチャタニ



歩いて行ける距離ではあると思いますが往復で行って戻ってくるというのは少しキツイかもしれません。ウボンの街中では流しのメータータクシーが走っているのでタクシーを利用した方が早いと思います。



地元では有名な老舗ホテルなのでタクシー運転手にはライトーンホテルと言えばほぼ間違いなく通じます。



ライトーンホテルは街中にありますが中心部からはやや外れるので街歩きをするには少し不便かもしれません。



ただ、ホテル周辺には一応食事をする場所もありますし、移動については徒歩とタクシーを組み合わせればそこまで不自由な場所というわけでもないです。


ホテル・空港間の移動について

ライトーンホテルとウボンラチャタニ空港は車で約7分ほどの距離にあります。



空港・ホテル間はホテルの無料シャトルバスが利用可能です。以下、フロント前にあったシャトルバスの時刻表です。



ライトーンホテル シャトルバス 時刻表 ウボンラチャタニ



こちらがシャトルバスです。



ライトーンホテル シャトルバス ウボンラチャタニ



空港を利用する予定の人にとっては便利なホテルです。


おわりに

以上、ライトーンホテルについての紹介でした。



コスパはなかなか高いです。



キャンドルフェスティバル(ろうそく祭り)の際などは、どこのホテルも早い時期から埋まってしまうので早めに予約しておくことをおすすめします。


ライトーンホテル

  • 地元の老舗ホテル。
  • 朝食は種類が多く豪華。
  • 1泊3,500円前後(朝食・空港送迎込み)。

旅行前に読んでおきたい記事

1

この記事では空港ラウンジを利用する方法について以下のことをひとつずつ解説しています。 空港ラウンジを利用するにはプライオ ...

2

今回は、海外プリペイドカードのマネーティーグローバル(MoneyT Global)について紹介します。 マネーティーグロ ...

3

今回は、タイ・バンコクのスワンナプーム空港でファーストトラックサービス(優先入出国サービス、プレミアムレーン)をはじめて ...

4

今回は、予約していた海外航空券のフライトが遅延・欠航(キャンセル)になった場合の対応方法について紹介します。

5

今回は、タイ・パタヤの病院で海外旅行保険を使ってキャッシュレス診療を実際に受けた時の流れを紹介します。 つまるところ保険 ...

-ウボンラチャタニ
-,

Copyright© THAILAND FOR YOU , 2020 All Rights Reserved.