役立ち情報

【一枚あると便利で安心】海外プリペイドカード・マネーティーグローバルを作ってみた

今回は、海外プリペイドカードのマネーティーグローバル(MoneyT Global)について紹介します。



マネーティーグローバルは、サポートが充実していてネット決済や国内利用もできる使い勝手のよいプリペイドカードです。審査もなく無料で作成できるので1枚あると便利です。



1枚あると安心

マネーティーグローバルの申し込みはこちらから

※発行手数料・年会費無料


現地通貨を手に入れる方法





海外旅行の際、必ずしなければいけないのが現地通貨を手に入れることです。



これまでタイを含めた海外旅行の際、現地通貨を手に入れる方法として主に以下で対応していました。


  • 現金の両替
  • キャッシュカードによる引き出し
  • クレジットカードのキャッシング




自分の場合は、現金の両替がメインであとは必要に応じてキャッシュカードで引き出すというパターンが多いです。



この方法で特別不便に感じていたということはないですが、盗難や紛失のことを考えると少し不安は残ります。



とはいえ、失くしたことを考え、旅行中に何枚もクレジットカードやキャッシュカードを持ち歩いたり、現金をたくさん持っていくのは嫌ですしね。



なので、カードや現金を失くしたときのことを想定して、現地通貨を引き出すパターンを増やしておきたいとは常々考えていました。



で、いろいろ調べたところ、一番手軽で簡単そうだったのが海外プリペイドカードというものです。


海外プリペイドカードとは?





プリペイドカードとは、あらかじめチャージしておいた金額分をカードで決済できる便利なアイテムです。



特徴をまとめると次のようになります。


  • クレジットカードのように買い物での利用やATMで現地通貨の引き出しが可能。
  • チャージした金額しか使えないので盗難・紛失時のリスクを最小限に抑えられる。
  • 発行手数料や年会費は無料。
  • 審査がなく誰でも作ることができる。




以上のような特徴から海外プリペイドカードは次のような人におすすめです。


こんな人におすすめ

  • クレジットカードだと使い過ぎる心配のある人。
  • 海外でクレジットカードの利用はなるべく控えたい人。
  • 海外で現地通貨を手に入れる手段を確保したい人。
  • 審査に落ちてクレジットカードを作れない人。




自分の場合は、先ほども触れたように三つ目ですね。



現金、キャッシュカード、クレジットカード以外に、何かあったときのために現地通貨を手に入れる手段を増やしておきたかったので、海外プリペイドカードを作っておこうと思いました。


マネーティーグローバルカードを作ってみた

マネーティーグローバル MoneyT Global



海外プリペイドカードは、いくつかの種類がありますが、今回自分が選ぶ際の基準は、「使い勝手の良さ」と「サポート体制」でした。



これらの条件を満たし、今回作ったのがマネーティーグローバルというプリペイドカードです。


特徴

マネーティーグローバルの特徴は以下の通りです。



国内・ネット決済に利用可能
海外プリペイドカードによっては、国内での使用やネット決済に対応していないカードもありますが、マネーTグローバルでは、国内利用・ネット決済ともに可能です。



マネーティーグローバルは以前は海外のみでしか利用で出来ませんでしたが、2019年2月より日本国内でも利用できるようになりました。




JTBトラベルデスクのサポート
マネーTグローバルカードを持っていれば、本来はJTBのツアーに申し込んだ人やJTBカードを持っている人たちが利用できるJTB海外トラベルデスクが利用できます。



世界21ヵ国40都市にあるJTB海外トラベルデスクでは、旅行に関する各種サービスを提供していて、場所によっては荷物一時預かりサービスを利用できたり、PCでのインターネットや印刷などもできます。



また、エマージェンシーサービスとしてパスポートやクレジットカード紛失時の手続き案内や緊急時のアテンド手配なども行ってくれるので心強いです。



危険回避情報配信サービス
登録した渡航地の危険情報を24時間日本語で配信してくれるサービスも付きます。



2014年5月のタイ戒厳令時には日本の公式情報や現地の放送よりも早く情報をキャッチしアラート情報を発信したという実績もあるようです。


基本情報

マネーティーグローバルの基本情報は以下の通りです。


年齢制限 13歳以上
ブランド ビザ
発行手数料・年会費 無料
海外ATM引き出し手数料 当日の為替レート×5%+200円
海外サービス手数料 当日の為替レート×5%
国内での利用 可能
オンラインショッピングの利用 可能
カード残高限度 無制限



手数料が高い?

サービスやサポートが充実している反面、手数料が若干高いというデメリットもありますが、自分の場合、このカードをメインにして頻繁に買い物したり引き出ししたりということはせず、あくまで現地通貨引き出しのための予備という位置付けなのであまり気にしませんでした。

とにかく手数料を安く抑えたいという人は別のカードのほうがいいかもしれません。まぁ微々たるものだと思いますが。



口コミ

為替手数料が他社のカードより少し割高ですが、サポートが充実していることを考えればその価値はあると思います。

海外でちゃんと使えました。の「Visa」「Plus」マーク表示のあるATMも至るところにあったので必要なときいつでもお金を引き出せるという安心感があります。

留学する子供のために作成しました。事前に代理人登録をしておけば日本からでもお金を振り込むことができるので安心です。

使い方

申し込みから利用まで以下の簡単なステップで実際にカードが使えるようになります。


step
1
申し込み

公式サイトより申し込みを行います。申し込みの際には、本人確認書類とマイナンバー書類のアップロードが必要です。


step
2
カード発行

申し込みから10日~2週間程で、カードと一緒にログイン情報などが送られてきます。


step
3
入金

カードを使えるようにするため専用振込口座に入金します。


step
4
利用

入金した金額分カードで利用できるようになります。



あくまで予備としての位置づけでカードを一切使わないのなら、維持費などもかからないので入金したお金が減るということはありません。

ただ、チャージしたお金を払い戻しする際には手数料として1回当たり500円が必要です。


まとめ

以上、海外プリペイドカードおよびマネーティーグローバルの紹介でした。



マネーティーグローバルは、無料で作成でき、維持費などもかからないのでとりあえず作るだけ作っておくというのもありだと思います。



もしものときのお守り代わりに一枚持っていると安心だと思います。



1枚あると安心

マネーティーグローバルの申し込みはこちらから

※発行手数料・年会費無料



旅行前に読んでおきたい記事

1

この記事では空港ラウンジを利用する方法について以下のことをひとつずつ解説しています。 空港ラウンジを利用するにはプライオ ...

2

今回は、海外プリペイドカードのマネーティーグローバル(MoneyT Global)について紹介します。 マネーティーグロ ...

3

今回は、タイ・バンコクのスワンナプーム空港でファーストトラックサービス(優先入出国サービス、プレミアムレーン)をはじめて ...

4

今回は、予約していた海外航空券のフライトが遅延・欠航(キャンセル)になった場合の対応方法について紹介します。

5

今回は、タイ・パタヤの病院で海外旅行保険を使ってキャッシュレス診療を実際に受けた時の流れを紹介します。 つまるところ保険 ...

-役立ち情報

Copyright© THAILAND FOR YOU , 2020 All Rights Reserved.