このサイトでは、タイ・バンコクに関する情報を扱っています。旅行や出張で訪れる際に役立つ情報を更新していきます。

THAILAND FOR YOU

役立ち情報

予約していたフライトが遅延・欠航になった場合の対応方法を簡潔に紹介

投稿日:

今回は、予約していた海外航空券のフライトが遅延・欠航(キャンセル)になった場合の対応方法について紹介します。


スポンサーリンク



はじめに

最近、台風や地震などの自然災害の影響で飛行機が遅延・欠航になるというニュースをよく見ます。



台風による大きな被害で一時閉鎖になった関空や、地震の被害を受けた北海道の新千歳空港で利用客が足止めされているニュースは、空港を比較的よく利用する身としては、他人事として見ることができませんでした。



これまで、このような大きな混乱に見舞われた経験はありませんが、誰の身にも起こりうることなので、普段から万が一のことを考えて準備しておくことが必要だと痛感させられました。



そこで今回は、予約していたフライトが遅延や欠航(キャンセル)になった場合に、起こりうることや対処法などを考えてみました。



このブログはタイに関するものなので、実際にタイに行く場合を想定して考えてみましょう。


日本出発時に遅延・欠航が発生する場合

日本出発予定日に、台風が近づいてきているなど悪天候でフライトの遅延・欠航が発生しそうな場合は、2日~3日前から天気予報をよく確認するなどしてアンテナを張り巡らせておくようにしておきたいところです。



台風の場合は、急に速度が早まったりコースが変わるなど予測が難しいところがあるので注意が必要です。



前日までの段階で、明らかに欠航と判断できる場合も出てくるかと思います。



出発当日は空港に向かう前に必ずフライトの運航状況をチェックしておきましょう。




自分が航空券を購入した航空会社のホームページを見れば、当日の運航状況が分かります。



以下は、タイ航空のホームページですが、悪天候などで運航に影響が及ぶ可能性がある場合は特別に運行状況を案内するページが準備されています。



タイ航空ホームページ
(http://www.thaiair.co.jp/special/operation_info_irr/index.php)



また、今では、自分の乗る便名でgoogle検索しても当日の運航状況が出て来ると思います。



以下は、タイ航空のTG641の例です。







空港に向かう前に欠航と分かった場合は、航空会社に連絡して振り替え便の有無やキャンセルする場合は払い戻しについて確認するとよいと思います。



ただ、遅延や欠航とはならない可能性が残されており、当日中に明らかに飛行機が飛ばないと考えられる場合や交通機関がストップしていて空港へ向かえない等の場合以外は、極力、空港へは行ったほうがよいと思います。



以前、航空券を予約した旅行会社から次のようなメールが送られてきたことがあります。



グーグル検索



最新の情報は空港に入る場合が多く、空港にいる人たちから優先的に案内されます。



遅延・欠航した場合の対応

では、空港に着いた時点で遅延か欠航と分かった場合を見ていきましょう。


遅延の場合

遅延と一口に言っても、1~2時間程度の遅れの場合もあれば、翌日になってしまうような大幅な遅れもあるかと思います。



遅延の場合は、基本的には、自分が予約した便が出発できるようになるのを待つというのが一般的です。



大幅の遅延の場合は、払い戻しに応じてくれる航空会社がほとんどだと思いますので、状況に応じて飛行機に乗るのをあきらめるという選択も必要かと思います。


欠航の場合

運悪く自分が乗る便が欠航となってしまった場合は、


・振替便へ変更
・払い戻し



のどちらかで対応することになるかと思います。



航空会社が用意してくれる振替便を利用するのが最も一般的です。当日乗れることもあれば、後日便となってしまう場合もあります。



自分の都合を考えキャンセルせざるを得ない場合もでてくるかと思いますが、欠航の場合も、払い戻しに応じてくれる航空会社がほとんどです。


スポンサーリンク



タイ国内での乗り継ぎや出国時に遅延・欠航が発生する場合

次に、タイ国内での乗り継ぎや出国時に遅延・欠航が発生した場合について考えてみます。


乗り継ぎの注意点

タイ国内での乗り継ぎについては少し注意が必要です。例えば、日本のどこかの都市からバンコクを経由してチェンマイへ行くと仮定します。



日本→バンコクとバンコク→チェンマイの航空券をひとつの航空会社(たとえばタイ航空)で通しで購入している場合は、日本からバンコクへ向かうフライトが遅延しバンコクからチェンマイへのフライトに間に合わない場合は、通常、振替便を手配してくれるので問題ありません。



しかし、タイ国内線はLCCがけっこう充実しているので、日本とタイの往復便とは別にタイ国内各都市への航空券を購入して旅行する人も多いと思います。



例えば、日本からバンコクへのフライトをタイ航空、バンコクからチェンマイまでのフライトをエアアジアなどと別の会社で別々に購入している場合は、遅延で乗り損ねても保証はしてくれません



なので、このように別々に購入する場合は、多少の遅れがあっても大丈夫なように乗り継ぎの時間に余裕を持たせておくことも必要です。



なお、入国審査の時間を短縮させたい場合は、以下の記事で紹介しているようなサービスがあります。






また、タイ国内線のLCCは、スワンナプーム発着のものもありますが、ほとんどはドンムアン空港を利用しているため、スワンナプームとドンムアン空港間での移動時間なども考慮しておくことも必要です。


タイ出国時

タイを出国する際の遅延・欠航についての対応としては、基本的には、日本出国時と変わりはありません。



当日の運航状況は確認するようにしましょう。



またフライトの遅延とは関係ありませんが、タイ特有の問題として渋滞があります。タクシーなどの車で空港に向かう場合は時間に余裕をもって行動することをおすすめします。



そしてもし飛行機が遅延・欠航となり、予定していた日に乗れなくなってしまった場合は、日本と違い帰る家がないのでホテル等に宿泊する場合は自分で手配しなくてはいけません。



遅延や欠航の理由や状況によっては、航空会社でホテルなどを手配してくれることもあります。



※一度、タイ出国時に6時間程度遅延になったことがありますが、その時は空港内のラウンジを使えるように手配してもらったことがあります。



以下は、スワンナプーム空港で遅延になった時に利用したラウンジの写真です。



スワンナプーム空港ラウンジ


おわりに

以上、簡単にですが、飛行機が遅延・欠航になった場合の対応について紹介しました。



実際のところ、購入した航空券の種類や航空会社がレガシーキャリアかローコストキャリア(LCC)かなどで対応や扱いは様々だと思いますが、ここに書いた本当に基本的なことだけでも頭に入れておくと、いざというときに、パニックにならなくても済むと思います。


スポンサーリンク



-役立ち情報
-,

Copyright© THAILAND FOR YOU , 2018 All Rights Reserved.